阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
岩波書店からのDMにこんなものが!これはちょっと気になりますね。8月から刊行開始。菱木晃子さんの新訳、ニイマンの絵で、ピッピの続編、やかまし村、カッレくん3冊、山賊のむすめローニャまで予定があるらしい・・・。これは思い切ったコレクションですね。楽しみです!


当店は夏休み中も、通常通り休みなく営業しております。
9時半から18時までです。
熊本市内、空港方面からお越しの際は、
必ず「高森・南阿蘇方面」の迂回路看板通りにいらしてくださいね。
わからない時はお電話ください。
096-279-2728


f0207652_10582031.jpg


[PR]
# by taketonbon | 2018-07-23 10:58 | 新着 | Comments(0)

2018読み聞かせ7回目

サリーのこけももつみ
ロバート・マックロスキー作 石井桃子訳
岩波書店 本体価格1700円
時間=10分 絵本=5歳くらいから


割と幼い子向けだと思っていたこの絵本、読み返してみるとハラハラして引き込まれるんですよね。今日もみんな静まり返って聞いてくれてました。こけももをサリー母子が山に採りに行くのですが、同じようにクマの親子も冬眠の蓄えのためにやってきます。子ども達は食べながらお母さんについて行くのですが…。


どろぼうとおんどりこぞう
ナニー・ホグロギアン作 はら しょう訳
アリス館 本体価格1214円
時間=5分 絵本=5歳くらいから



お母さんへの大切な贈り物を盗まれてしまったちびのメルコンの仕返しが、とても痛快な絵本です。テンポ良く面白いので、毎年読んでいます。描かれているポピーの赤い花がとても素敵で、この花は毎年5月になると萌の里の花畑一面を飾ります。意外と子ども達も知らないのですよね。地元愛を盛込みつつ…。 子ども達より先生が一番熱心に聞かれていて、誰よりも拍手されるのでありがたいですね。

f0207652_09455494.jpg



[PR]
# by taketonbon | 2018-07-11 09:45 | ボランティア5・6年 | Comments(0)

味が出ました

この看板も20年くらい経ってしまいました。文字も剥がれてかなり年季が入ってきましたね。文字だけはっきりと塗り直します。看板は全部、私の手書きで〜す。この週末も雨の中、大分や竹田、福岡から来ていただきました。大変な豪雨の後のこの暑さも思いやられます。被災地ではまだ何もかも見通しが立たず、不安でいっぱいの方々がたくさんおられると思います。洪水は地震と違った恐怖でしょう。早く元の生活に戻れる事願っています。


f0207652_10510352.jpg



[PR]
# by taketonbon | 2018-07-09 15:50 | 日常 | Comments(0)

2018読み聞かせ6回目

うさぎのみみはなぜながい
北川民次・作 福音館書店 本体価格1200円
時間=10分 絵本=5歳くらいから


メキシコの民話です。森の中ではいじめられっ子のうさぎ。どうしても強く大きくしてほしいと神さまに願いますが、神さまはトラとワニとサルの皮を剥いで持ってこいと命じます。うーむ、これはどうやって⁉︎と考え込んでしまいますが、うさぎは見事に知恵を絞ります。テンポの良いお話に、最後はなるほど〜と納得で、毎年読んでいる一冊です。初めてはそわそわしている子もいつの間にか引き込まれていました。

またまたねえどれがいい
ジョン・バーニンガム作 まつかわまゆみ訳
評論社 本体価格1500円 
時間=5分 絵本=4歳くらいから


子ども達、大興奮でした!始めは遠慮がちに答えてましたが、やはり「ラクダのゲロ」と読んだ瞬間、呼応してました!ゲロ、オナラ、ウンチですからね…それでもこの続編は、あるある!と思うシチュエーションや、自分の感覚でイメージしやすいので、人気の出る絵本間違いなしです。クラスだと遠目に見ることになるので、終わってから先生と子ども達が、絵本を開いて良くご覧になってました。ぜひ手にとってお楽しみくださいませ。

台風7号は、何の影響もなく通り過ぎてくれました。これまで被害が著しかった長崎から進入コースだったので、我が子たちは休校の措置となりましたが、突然の休日でゆっくりできました。

f0207652_09471689.jpg


[PR]
# by taketonbon | 2018-07-04 09:39 | ボランティア5・6年 | Comments(0)

2018読み聞かせ5回目

がちょうのペチューニア
ロジャー・デュボアザン作 まつおかきょうこ訳
冨山房 本体価格1400円 
時間=12分 絵本=5歳くらいから

ある日ペチューニアは本を見つけます。でも本って何なのでしょう?確か農場の子どもが持ち歩いていたし、ご主人さまは「親しむ者は賢くなる!」って言っていたような…。それからというもの寝る時も泳ぐ時も、肌身離さず本を持ち歩くようになりました。賢く見えるようになったペチューニアに、ほかの動物たちは相談を持ちかけますが、かえって酷くなるばかり。ユーモアがあってとても面白いのですがね🤣得意になったペチューニアを誰か止められるのでしょうか? 続きはどうぞ絵本で。

ねえどれがいい?
ジョン・バーニンガム作 まつかわまゆみ訳
評論社 本体価格1500円
時間=5分 絵本=4歳くらいから


これもどの年齢層からも人気の絵本です。年が上がる毎に計算高くなるのが見ていて面白いです。最近、続編が出ました。これがなかなか面白いので、次回試してみようと思っています。


毎週水曜日、朝の20分間、地元小学校で読み聞かせをしています。12年目で6年生を担当。

連日、遠方よりご来店いただいております。
山口、福岡、大分、昨日は宮城からいらっしゃいました!
最北です。本当にありがとうございます。

f0207652_09554435.jpg


[PR]
# by taketonbon | 2018-06-27 09:55 | ボランティア5・6年 | Comments(0)