阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

放送されました

昨晩、NHK鶴瓶の家族に乾杯をご覧いただいた皆さま、ありがとうございました!
ちょっとだけだと思っていたのですが、たくさん取り上げてもらいました。
やはり全国放送の影響は凄まじく、驚いています。

私がはじめはフミヤさんだとはわかっていないのが、笑えました。
フミヤさんは、奥さまが久留米の大きな本屋さんの娘さんだったそうです。
だから、本屋の大変さをご存じなのか、
「こんな場所でやっていけるなんて、おかしい!!」
とずっとおっしゃってました。

フミヤさん自身は絵本に囲まれた家庭で育たれたようで、
「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」福音館書店を
とても懐かしそうにご覧になっていました。

そして我が子さんにも「いないいないばあ」童心社を
読んであげられていたそうです。

上のお子さんが27歳の男の子、
下が25歳のお嬢さんとのことで、
我が家と一緒!と盛り上がりました。

我が家のリビングにフミヤさんがくつろいでいる姿は、
34年前の私に教えてあげたいくらいです。
映画まで見に行きましたよ、たんたんたぬき。
それくらいに、当時のアイドル歌手でした。

しかしながら、子どもたちはさっぱりわかりません。
藤井フミヤもTRUE LOVEも。
今で言う、嵐かな・・・というと、スター性がわかるようです。

あまりに突然いらして、ドタバタな時間でしたが、
とてもよくまとめていただいたなぁと思います。

見逃した方は、まだ再放送がありますので、
よろしければご覧ください。

f0207652_10355517.jpg



[PR]
# by taketonbon | 2018-05-22 10:20 | NEWS | Comments(4)

鶴瓶の家族に乾杯

お知らせした鶴瓶の家族に乾杯の詳細がわかりましたので、お知らせいたします。

f0207652_13124045.jpg


[PR]
# by taketonbon | 2018-05-08 13:09 | NEWS | Comments(4)

NHK鶴瓶の家族に乾杯

突然ふらりと藤井フミヤさんがおいでになりました。NHK鶴瓶の家族に乾杯という番組です。ほんの少しだけ、家族で登場すると思います。なにせ台本無しのガチの取材で、行き当たりバッタリでお恥ずかしい限りですが…放送は5月21日月曜19時30分からです。
f0207652_10591524.jpg


[PR]
# by taketonbon | 2018-04-28 10:54 | NEWS | Comments(0)

地震から2年

地震から2年が経ちました。
出来る事をがむしゃらにやってきた2年間でした。
おかげ様で、家族みんな元気にやっています。
子ども2人も高校生となり、市内まで通学しています(送迎に追われる毎日)。

まだまだ阿蘇は道路が通れないという印象が強いようで、お客さまもなかなか戻らない状況です。春の阿蘇は新緑がとても綺麗です。ぜひこちらにおいでの際はお立ち寄りください!
f0207652_10395019.jpg


[PR]
# by taketonbon | 2018-04-16 10:39 | NEWS | Comments(0)
どろんこハリー
ジーン・ジーン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵
わたなべしげお訳 福音館書店 本体価格1200円
時間=5分 絵本=3歳くらいから


ねえ、どれがいい?
ジョン・バーニンガム作 まつかわまゆみ訳
評論社 本体価格1500円 
時間=10分 絵本=4・5歳くらいから


今日は最後の読み聞かせでした。
大人から絵本を読んでもらうのは、
これから先もうあまりないだろう…と思い、
誰もが知っている「どろんこハリー」を読み、
最後は「ねえ、どれがいい?」を賑やかに読んで終わりました。

一年間のお礼のお手紙集までいただき、
読んだ本に色々と感じていたんだなぁと。
中には、「いつもあのすき通るようなあの声を待って、
一週間をすごしていました」というまるで恋文の一文に、
おばさんはもう心が踊ってしまいました。

この春に下の娘も中学を卒業し、
村の学校に保護者として関わることがなくなってしまいますが、
これからも、読み聞かせを通して、
西原村の子どもたちを見守りたいと思っています。


[PR]
# by taketonbon | 2018-03-08 10:30 | ボランティア5・6年 | Comments(0)