人気ブログランキング |

阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みっつのねがいごと
マーゴット・ツェマック作 小風さち訳
岩波書店 本体価格840円
時間=6分 絵本=4・5歳くらいから


ありがたいこってす!のマーゴット・ツェマックの本です。
岩波の子どもの本のシリーズなので、とても小さいですが・・・。
登場人物の夫婦が薪を集める野山の風景は、西原村の誰もが毎日見ているものです。
そんな普通のくらしの中で、三つ願いを叶えてあげる!と言われたら・・・。
だれもが浮かれてしまいますよね。
そんな夫婦のドタバタ劇をおもしろおかしく描いた絵本です。

かさじぞう
瀬田貞二・再話 赤羽末吉・絵
福音館書店 本体価格800円
時間=6分 絵本=4・5歳くらいから


今週初めは本当に寒かった!!
西原村は休校になったほどです。
そんな週に読んでおきたいのがかさじぞうです。

帰り際、貯水タンクの周りが水浸しでした。
地中のどこかが破裂しているんでしょうね。
配達先の小中学校でも水道管などの不具合の話を聞きました。

我が家も26日の火曜日、中3の息子が初めての入試でした。
前々日に雪がつもり、山を下りて行けるか焦りましたが、
当日は早く着き過ぎるくらいでした。
あと1ヶ月ひと踏ん張りです。
by taketonbon | 2016-01-28 09:13 | ボランティア5・6年
おじいちゃんがおばけになったわけ
キム・フォップス・オカーソン文 エヴァ・エリクソン絵 菱木晃子・訳
あすなろ書房 本体価格1300円
時間=12分 絵本=5歳くらいから


おじいちゃん、おばあちゃんや身近な人の死を、漠然ととらえ始める年代かなぁと思って読みました。
おじいちゃんが、何か今の世界に忘れ物をして戻ってきてしまいます。
孫のエリックにはおじいちゃんの姿が見えるので、その忘れ物を一緒に探し続けます。
悲愴感は全くなく、楽しかった思い出を胸にしまって、新しい一歩を踏み出せる絵本です。
by taketonbon | 2016-01-21 09:13 | ボランティア5・6年
十二支のしんねんかい
みきつきみ文 柳原良平・絵
こぐま社 本体価格1100円
時間=3分 絵本=4歳くらいから


新年のご挨拶がわりにこの絵本。今年は申年。
さすがに5年生にもなるとほとんど知っていました。
みんなで十二支を全部言ってみたのですが、
はじめより、終わりに読んだ方が声が大きかったです。
今度は七福神を読んでみようと思います。

ゆうかんなアイリーン
ウィリアム・スタイグ作 おがわえつこ訳
らんか社 本体価格1500円 
時間=7分 絵本=5歳くらいから


寒い日にぜひ読んでもらいたいなぁと思います。
西原の子は、大体の子が朝1時間くらいかけて登校します。
冬の朝はまだくらいです。そして風も強い。
アイリーンが大きな洋服箱を持って吹雪の中を歩く姿は、
みんな身を持って体験しているようです。
親の方がハラハラしてしまいますが、大仕事をやり終えた達成感はとても自信につながることでしょう001.gif
by taketonbon | 2016-01-14 09:27 | ボランティア5・6年

本日より営業

本年もよろしくお願いいたします。
本日より営業いたしております。

f0207652_11344185.jpg


by taketonbon | 2016-01-04 11:34 | 日常