阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

出来ました!!

f0207652_1934471.jpgf0207652_1934322.jpg











やっと出来ました~!!
夕ご飯も栗ご飯にしていただきました。
栗ご飯の方が、簡単で美味しかったです。

煮崩れしたのがだいぶあったので、最後はこの一鍋で甘く煮詰めることができました。この鍋は月兎印の7リットルのホーロー鍋。お気に入りです043.gif
[PR]
by taketonbon | 2012-09-30 19:39 | 日常 | Comments(0)
f0207652_1731340.jpg今日は色んな用事を済ませて帰ると・・・、栗がダンボール1箱も届いてました。それも1粒が前に貰ったのより確実にデカイ!!

本当に何の予期もせず、突然やってきます。実は前回の栗の渋皮煮はまだ食べ切っておらず。やっとこ人に配ってまわったんですが・・・。

さて、今晩、剥きますかね。

すごく大変で肩が凝りそうですが、栗が本当に立派なんです。大きさと輝り具合が見てて飽きないほど。

がんばります!!
[PR]
by taketonbon | 2012-09-29 17:11 | 日常 | Comments(0)

ムーミン谷の夏まつり

先日、ムーミンについておたずねの電話がありました。
「ミムラ姉さんとミイの楽しいお話がのってる本ってあるんですか?」と。

私もまだ2巻までしか読んでなくって、
それにはまだ2人は出てきてないんです。

楠緒さんも留守だったので、またご連絡いただくことになりましたが・・・。

とりあえず、各巻のはじめの登場人物のところに2人の名前があったので、まずは4巻目のムーミン谷の夏まつりを読んでみました。

するとどうでしょう~005.gif
冒頭からミムラ姉さんとミイのやりとり、確かに面白いです。
いつでもミイをしかりつけてるミムラ姉さんに、口の悪いミイ。
2人の楽しいお話とはこの巻のことかな・・・。

最後までとても面白かったです。
全く先が想像つかないんですよね。ムーミンの童話集って。
だけど色んなところにユーモアやシャレがあって、
あたたかさや愛に溢れているような気がします。

さては3巻目を飛ばしてますが、次の5巻目に行きましょうかね。
[PR]
by taketonbon | 2012-09-28 12:54 | 日常 | Comments(0)
中学校での読み聞かせをされているというボランティアさんがおいでになりました。小学校での読み聞かせはもう当たり前になりましたが、中学校というのは珍しいですよね。どちらかおたずねすると、隣町でした。

もう13年もされているベテランさんです。本探しに苦労なさっていて我が家においでになったようですが、私もアドバイスなんてことはできませんでした。ただ、私も高学年で読み聞かせをしているので、気になることを話したりして、今私が実践している「火の不始末は大火のもと」をおすすめしました。

イワンの馬鹿は毎年読まれているそうで、とても反応がよいそうです。私も次にチャレンジしようと思います。

f0207652_1663561.jpgボランティアさんにおすすめしているのが、この本。小学校での読み聞かせガイドブックです。朝の15分のためにという副題に惹き付けられますねぇ003.gif

15分で読めそうな2冊をチョイスしてあります。もちろんこの2冊には関連付けがしてありますので、何を読もう? と考えていらっしゃる方にはおすすめです。1年から6年に分けてあるので、必ず充実した読み聞かせタイムが実行できそうですよ。

小学校での読み聞かせガイドブック
プランニング遊・発行 1890円
[PR]
by taketonbon | 2012-09-27 16:27 | 店主おすすめ本 | Comments(0)
f0207652_14125440.jpg長々と読んできた「せいめいのれきし」を今朝読み終えました。途切れ途切れになってしまって、子どもたちには申し訳なかったです。もう一度自分で読んでもらえたらなぁ~と思います。


そして今日から、「火の不始末は大火のもと」を読み始めました。挿絵は無いですよ~って言いながら(笑)。自分の耳だけが頼りになるせいか、割と良く聞いてくれてます。今日は「愛あるところに神あり」の39ページから46ページまで読みました。10分程度だったと思います。

ちょっと難しい言葉がたまに出てくるので、予習が必要でした。例えば、燕麦(えんばく)。オートミールのことで、パンには向かない。ビスケットなどに使われるらしいです。

その他に、反古(ほご)=反故。書き損なったりしていらなくなった紙のこと。無効とか取り消しにするっていう意味しか知りませんでした002.gif 
勉強になります!

愛あるところに神あり 
レフ・トルストイ作 北御門二郎・訳
あすなろ書房 945円
読み物=小学校高学年より


「愛あるところに神あり」と「火の不始末は大火のもと」の2話収録。
[PR]
by taketonbon | 2012-09-26 14:52 | ボランティア5・6年 | Comments(0)

猫つながり

f0207652_1259333.jpg昨日お客さまから、「猫ちゃんは~!?」と聞かれました。「ここ1ヵ月くらい、のら猫ジジの姿も全く見えません」とお答えすると、なんとそのお客さまは、2~3年前うちからノラ猫ちゃんを貰っていかれた方でした。

ノラ猫にしてはグレーで毛が長くてとても可愛らしかったんです。その後、大切にされている写真を見ては、あの子はシンデレラだね~なんて我が家では言っておりました。

お客さまにはご家族にご不幸があられたそうですが、「ねこちゃんと頑張ってます!」 という力強いお言葉に、切なくなってしまいました。

帰られた後、読みかけ中の新潮文庫の「陽だまりの彼女」を読み上げると・・・。

思いもよらぬ展開に驚き、さっきのお客さまとグレーの猫ちゃんが何となく重なるのでした045.gif

こんなタイミングってあるかな!?って思ったほどです。
気になる方はぜひこの本読んでくださいね。

この越谷オサムさんの「陽だまりの彼女」は女子が男子に読んでほしい恋愛小説NO.1 なんだそう。そして中高年の男性からも人気があるそうですよ~。
[PR]
by taketonbon | 2012-09-25 13:26 | 日常 | Comments(0)

とんぼの目玉

こちらはすっかり秋めいて、萌の里ではコスモス祭りで賑わっているようです。我が家の子どもたちもお小遣いを持って出かけてました。

帰りがけに、目の前に赤とんぼが止まったらしく、とんぼの目に向かって人差し指をグルグル、グルグルやってみたそうです。そうしたら、とんぼは「おっとっと」とでも言うように傾いたそうなんです。

「どこかで聞いたあの話は本当だったんだ!!」と喜んでましたよ~。
本当にそうなんですね。

秋の公役の草刈も一日がかりで昨日行われ、集落中すっきりとキレイになりました016.gif

朝晩がとても寒くなってきたので、昨日は布団を干しました。喘息持ちの娘のために掃除機を布団にかけてカバーを掛けてと大忙し。今晩は温かい布団で眠れそうです。
[PR]
by taketonbon | 2012-09-24 09:59 | 日常 | Comments(0)

守り人シリーズ

今年の春から、上橋菜穂子さんの読み物にはまっています。
上橋さんは岩波少年文庫のあとがきや帯によく登場する方で、かなり欧米の古典児童文学を子どもの頃に堪能されたと何かで読みました。

ずっと気にはなっていて、獣の奏者から読み始めましたが、あっという間に、守り人シリーズの6巻目を昨晩読み終えました。

我が家の読み物はほとんど全てが海外の児童文学ですが、日本にもこんな物語を書ける人がいるんだ!! というのが率直な感想。

感覚が日本人らしく、しっくりくる感じでしょうか。
そして、話の展開がとにかく早く、冒頭何ページで夢中になるのは、全ての巻に共通しています。

実はこのシリーズ、地元の図書室にセットで納品をした後、私は本屋でありながら、図書室をフル活用して(笑)、読んでいます。

私の前に先の巻を読んでいる方がいらして、予約を待っていたりするんですが、その方が、息子のクラスメイトのお母さんとわかったときには、思わず話し込んでしまいました。

面白い本を身近に話せる人がいるというのは嬉しいものです。村に図書室ができて、少しずつでも本を読むという文化が根付いてきているように思います。

本は、若い頃より半ばを過ぎた頃の方が熱中できますね。
若い頃はがむしゃらに実体験を積み重ねるだけでもいいのかな・・・なんてね。

まぁ、守り人シリーズ、おすすめです!!
[PR]
by taketonbon | 2012-09-23 10:44 | 店主おすすめ本 | Comments(0)

秋ですね

f0207652_11262515.jpgf0207652_11264815.jpg











朝晩すっかり冷え込み、秋の訪れが早いなぁ~と感じています。先週の運動会は死ぬほど暑かったのに・・・。

店正面の壁に蔦の葉っぱが生い茂り、カーテンのようになってしまいました。これでもチョキチョキと前髪を揃えるように切ってるんですけどね。左の写真と比べるとうっそうとしてますが、何だか風格があるようで気に入ってます。
[PR]
by taketonbon | 2012-09-22 11:41 | 日常 | Comments(0)
天の火をぬすんだウサギ
ジョアンナ・トゥロートン作 山口文生・訳
評論社 1050円
時間=7分 絵本=4・5歳くらいから


ひよこのかずはかぞえるな
イングリとエドガー・パーリン・ドーレア作
せたていじ訳
福音館書店 1365円
時間=7分 絵本=4・5歳くらいから


今日は5年生です。金曜日は2組です。

天の火~は、やはり子どもたちも先生もなるほど~と思ったようで、若い担任の先生は一人拍手をされてました。みんな無愛想というか、感情を表に出さない年齢に成りつつありますね。これも成長の一つでしょうかね045.gif

そうそう、読む練習を兼ねて、昨晩子どもたちにひよこ~を読んであげたのですが、娘は「なるほどね~ずっと気になってた絵本だから、楽しかった♪」と言ってくれましたが、息子は・・・、始まってもうすぐに夢の世界へ。寝付くのも10秒かからないみたいです。絵本は卒業したようですね043.gif
[PR]
by taketonbon | 2012-09-21 10:29 | ボランティア5・6年 | Comments(0)