人気ブログランキング |

阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

はるがきた
ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵
こみやゆう訳 主婦の友社 ¥1365
時間=7分 絵本=4歳くらいから


西原っ子にとっても春は待ち遠しいもの。
色んなものに絵を描けるのは羨ましいものですね。
うわぁ~と子ども歓声をあげていました。

雨が降ってしまうページでは、あ~あ002.gifと。
でも、その後の芽吹きはいいですね~。
私は1年の中でこの若葉の季節が1番好きです。
読み終わって、本を閉じた時には、黄色い花が一面。
これからの春の楽しみを予感させてくれます♪

春が来て、一番嬉しいことは何!? と尋ねると、
「誕生日がくる~♪」と何人も言ってくれました。
楽しみですね。

三まいのおふだ
長谷川摂子・文 きむらよしお絵
岩波書店 ¥798
時間=7分 絵本=4歳くらいから


おにばばの表情がとても怖くて、子ども達も釘付けになりました。
最後まで、このおにばば、小僧をおっかけてくるので、
読み終わってしばらくたっても、子どもたち、
「あ~良かった」と安堵の声。
よほど、インパクトがあったのでしょうね。
いつものてのひらむかしばなしシリーズです。
by taketonbon | 2011-02-25 12:34 | ボランティア1・2年

はるがきた

f0207652_1134882.jpgまたまた、こみやゆうさんの訳書の新刊です。

ここ何日か20度にもなり、一気に春の香りがしてきました。グレー一色というのも、本当に身にしみた今年の冬でしたね。子どもたちもそのあたりは実感しているようで、ページごと、彩られていく街に、喜んでいました。

こみやゆうさんのブログはこちらから。

はるがきた
ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵
こみやゆう訳 主婦の友社 ¥1365
時間=7分 絵本=4歳くらいから

by taketonbon | 2011-02-23 11:48 | 新着
ちゃぼのバンタム
ルイーズ・ファティオ文 ロジャー・デュボアザン絵
乾 侑美子・訳 童話館出版 ¥1365
時間=10分 絵本=5歳くらいから


この絵本はあらためて読んでみて、
素晴らしいなぁって感じました。
お話が子どもをひきつける力と、絵の迫力と。
子ども達も一瞬にして、グーっと入り込みますからね。
おすすめの1冊です。

ゼラルダと人喰い鬼
トミー・ウンゲラー作 たむらりゅういち訳
評論社 ¥1365
時間=10分 絵本=5歳くらいから


いつもはシーンとした中での読み聞かせなのですが、
この絵本も素晴らしく、人喰い鬼に不気味さに
子どもたちは引き込まれます。
お城での夕食のメニューに、やはり子どもたちは
興味津々で騒いでいましたね~。
反応があると、読み手の緊張も解けますね~。
このクラスでの年度内の読み聞かせもラスト1回です。
by taketonbon | 2011-02-22 11:18 | ボランティア5・6年
ゼラルダと人喰い鬼
トミー・ウンゲラー作 たむらりゅういち訳
評論社 ¥1365
時間=10分 絵本=5歳くらいから


人喰い鬼って聞いただけで、子どもたちはちょっと
おどおどしているような感じがしました。

怖いけど、だけど気になるっ! そのお話!!

ゼラルダが鬼にやさしくしてあげるあたりで、
ふ~っと緊張が解けてくるようですね~。

ゼラルダが作ったご馳走のページを
よく見て説明すると、笑いがおこっていましたよ。
七面鳥の丸焼き、シンデレラ風。
七面鳥の足になんとガラスの靴!? ユーモアたっぷりです。

うろこだま
長谷川摂子・文 下田昌克・絵
岩波書店 ¥798
時間=7分 絵本=4・5歳から


ヘビを飼うっていうのに、まず子どもは驚いていました。
綺麗なピカピカしたヘビなんですけどね。
テンポのよいお話と、ほっこり心あたたまる結末に
みんな大満足です。
by taketonbon | 2011-02-18 13:12 | ボランティア1・2年
昨日は、ファージョンのムギと王さまのお話を楽しむ会がありました。
8名の参加でした。正直な感想をまず言っていただくのですが、
すんなり物語りに入って楽しめた人と
あれ!? こんなお話なの!? となかなか入り込めなかった人、
半々のようでした。

その入り込めなかったのを何とかしましょう!! と始まった勉強会。

感想には、
「よく面白さがわからなかったので、子どもに読んで聞かせて
あげたら、目を輝かせて喰い付いてきた。」など、
お子さんと楽しんだ方が何名かいらっしゃいました。

やはり、このファージョン、自分で読むより、
読んでもらう方が楽しめるようです。
大人もです!!

楽しさを理解してもらうためには、理屈よりも
読んであげた方が良いということで、
次回のテーマも岩波少年文庫 本の小べや2巻目の
「天国の出て行く」に決めて、引き続きファージョンを
読み進めることになりました。

さてさて、我が家。
小さいころからずっと、寝る前の読み聞かせをしてきましたが、
最近は親の忙しさにかまけて、読書は子どもに任せていました。

昨晩は久しぶりに読んであげると、
まぁ、2人とも安心しきって眠りに落ちてゆきました。
娘には「天国を出て行く」の中のボタンインコ。
息子には「たのしいムーミン一家」

読み終えて、何とも清々しい気分。夜なのに・・・(笑)。
本の世界に親子で没頭することが、
いかに心地よく、心をリフレッシュさせてくれるかということを
思い知りました。

忙しいからこそ、本を読みましょう。
読んであげましょう。
自戒の意味も込めて。
by taketonbon | 2011-02-10 10:34 | お話を楽しむ会

よろこびの日

岩波少年文庫でリクエスト復刊されたものです。
ユダヤ系アメリカ人、I・B・シンガーの幼少時代の自伝的物語で、
第2次世界大戦前のポーランド・ワルシャワが舞台です。

ユダヤ人、ポーランドというのがキーワードで
手に取った本でした。
とても地味で、お話も起伏があるわけではないのですが、
なんとも表現しがたい、心が震えるシーンがいくつかあって、
お客さまにも熱心に(しつこいくらい)お薦めしております。
by taketonbon | 2011-02-08 16:37 | 店主おすすめ本
はちうえはぼくにまかせて
ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵
もりひさし訳 ペンギン社 ¥1260
時間=6分 絵本=4・5歳から


この絵本には、普段から親しんでいるようです。
読み始めるなり歓声があがりました。

トミーは夏休みのあいだ、バカンスに出かけるお家の
植木鉢をあずかるお仕事をはじめます。
子どもながらも立派に世話をして、
本を読んで研究をして、いろんな手入れをします。

好きなことをめいっぱいさせてあげるっていいことだなぁ・・・と
いつもこの絵本を読んで感じます。

現実は、我が家でもゲーム三昧になりかねません(涙)。

ずどんといっぱつ
ジョン・バーニンガム作
わたなべしげお訳
童話館出版 ¥1470
時間=10分 絵本=5歳くらいから


捨てられた犬シンプに同情する子どもが多かったようです。
シンプがピエロのおじさんにめぐり会い、
活躍する姿にはホッとするのかな・・・。
自然と拍手が出てうれしかったです。
by taketonbon | 2011-02-08 16:02 | ボランティア5・6年
スティーヴィーのこいぬ
マイラ・ベリー・ブラウン文
ドロシー・マリノ絵 まさきるりこ訳
あすなろ書房 ¥1365
時間=15分 絵本=5歳くらいから


小学校1・2年生って、子犬とか子猫とか、
妙に飼いたくなっちゃう年頃ではないでしょうか。
そんな子どもたちの気持ちにぴったりと
この絵本ははまってしまうようです。

意外と時間がかかってしまった!!
黙読と読み聞かせは間が違うものですね。
by taketonbon | 2011-02-04 15:13 | ボランティア1・2年

スティーヴィーのこいぬ

f0207652_9544143.jpgスティーヴィーのこいぬ
マイラ・ベリー・ブラウン文
ドロシー・マリノ絵
まさきるりこ訳
あすなろ書房 ¥1365
時間=15分 絵本=4・5歳くらいから



昨年10月に出版されて「ベンジーのもうふ」の
コンビによる絵本です。

こみやゆう さんの編集で、
こちらにも詳しく書かれていますので
ご覧下さい


我が家にも今、ノラネコが何匹もやってくるので、
スティーヴィーやその他の子ども達の様子が、
手に取るようにわかって、とてもほのぼのしました。

玄関の前でみんな座り込んで
大人が話し合うのを待つシーン。
「飼ってもいいって言ってくれないかな・・・」
皆がみんな、心の中で思っているよう。
まるで息子を眺めているような感じでした。

人それぞれ、いいなぁと思うシーンは違うでしょうが、
あっ、そうそう、お父さんが抱き方を教えてくれるシーンも
思わず、ふふっと笑ってしまいましたよ037.gif

また金曜日に読み聞かせボランティアで読んでみま~す。
by taketonbon | 2011-02-01 10:09 | 新着