人気ブログランキング |

阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2019年 01月 30日 ( 1 )

2018読み聞かせ24回目

せかいのはてってどこですか
アルビン・トレッセルト作 ロジャー・デュボアザン絵 三木卓・訳
童話館出版 本体価格1400円
時間=8分くらい 絵本=5歳くらいから

なに不自由なく井戸の底で暮らしているカエル。
食べ物もたくさんあるし、水もたくさんあるし、
天井からお月さまも微笑んでくれます。
が、ある時、水が底をついたのをきっかけには外に出る決意をします。
カエルが新しい世界に驚きながらも、
徐々に魅力を感じて飛び出して行く姿は、
まるで我が家の子ども達を見ているようです。
もう2人とも高校生なんですがね〜。
子ども達の背中を押してくれる一冊です。


しおふきうす
長谷川摂子・文 立花まこと・絵
岩波書店 本体価格 760円
時間=5分 絵本=5歳くらいから


岩波のてのひらむかしばなしのシリーズ。
小さいサイズですが、方言で一気に読むと、
かなり子ども達は釘付けになりますね。
昔話の魅力だと思います。
このシリーズは20点くらい出ているのですが、
絵描きが様々なので、
絵の好みとおはなしの面白さで4点ほど置いてます。

f0207652_11241700.jpg



by taketonbon | 2019-01-30 11:24 | ボランティア5・6年 | Comments(0)