阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2018年 02月 08日 ( 1 )

ちきゅうの子どもたち
グードルン・パウセヴァング文 アンネゲルト・フックスフーバー絵
さかよりしんいち訳 ほるぷ出版 本体価格1400円
時間=15分 絵本=6歳くらいから


日本で原発事故が起こったあとは、よく読んでいた本です。
日本を取り囲む環境は悪くなる一方だと日々思っていた今現在、
あらためてこの本を読むと、まるで私たちのこと!? 
と思ってしまうような内容でした。

地球の嘆き、大人との会話、などが本当にリアルでした。
自分に何ができるだろう・・・と思った時に、
私はこんな本を子どもたちに読んでいかなくては!! 
成長での大事な時に、何かを考えるきっかけになってほしい…
と思いました。

地球の嘆きから始まるこの絵本に、
子どもたちは初めからシーンと聞き入っていました。
必ず読んで大人になってほしいと願う絵本です。

 

[PR]
by taketonbon | 2018-02-08 09:18 | ボランティア5・6年 | Comments(0)