阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2013読み聞かせ5年生 その14

ハーキン 谷へおりたキツネ
ジョン・バーニンガム作 あきのしょういちろう訳
童話館出版 1470円
時間=10分 絵本=5・6歳くらいから


キツネを見たことある? って尋ねたら、7割くらいの子が手を挙げました。
もちろん、動物園とかじゃなくて、その辺でってことで。
こんな質問したもんだから、猿とか鹿とかもあるって自慢合戦になってましたが・・・。
先日も、うちの爺ちゃんがキツネ見たよ~って娘に話してた所です。

絵本のお話は、山の上で静かに暮らしていたキツネが、
刺激を求めて、谷へおりていくというお話なんですが、
やめとけばいいのに・・・とハラハラしますよ。

どうしてかわかる?
ジョージ・シャノン文 ピーター・シス絵 福本友美子・訳
晶文社 1575円
なぞかけ昔話 小学高学年から


今日は8話目。答えが、「夜露にぬれていたから」というのに、
子どもたちは理解きるかなぁと思っていたら、
色々考えさせると、水滴が付くと答えが出てきました!!

「朝になると、植物は雨が降ったわけでもないのに、濡れていることがあるよね」
という質問にみんな頷いていました。

この絵本は、子どもの色んな実体験や知恵が試されるものですね~。
[PR]
by taketonbon | 2013-10-25 10:09 | ボランティア5・6年 | Comments(0)