阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

感想を頂きました!!

f0207652_1021837.jpg先日、読み聞かせに行っていた息子のクラスから、感想のお手紙集をもらいました。

みんな、丁寧な字で、色んな事を書いてくれて、とても嬉しかったです。

ちょっと難しかったかな~!?って思っていた、
「せいめいのれきし」や「ギルガメシュのものがたり」をあげてくれていた子もあり、
やはり読んで良かったと思いました。

私の読む声が心地よくて眠くなりましたという感想に微笑んだり、
将来は読み聞かせをしたいという子が何人もいたりして、大変うれしい感想でした。

最後に読んだ、「ちきゅうのこどもたち」という絵本がとても強烈に印象に残ったようです。
大丈夫だと思っていた地球がそうでないことを知り、自分に出来ることをしようと書いてくれていました。

この絵本では、便利な世の中に慣れてしまった大人が環境を破壊し続けていました。
子どもがどんなに説得しても大人は耳を貸しません。
ついに地球は子どもたちを懐の中へ隠してしまいます。

私は、この懐の中へ隠すという行為は、実は子どもの死であったり、
健康被害であったりするのだろうな・・・と思いました。

ここまでならないと、今の大人たちは気づかないのかな・・・と。
子ども達の未来を考えると、何だか暗くなってしまいます。
少しでも大人の意識が変わるように、この絵本を読んだり、薦めたりしたいと思います。

今日は、震災から2年が経ちました。
収束したように見える原発事故。放射線は日本に降り積もっていくばかりです。
なぜ、日本の原発は廃炉にならないのでしょう。
怯えて暮らさなければならないのでしょうか。

子ども達の感想から、立ち向かう勇気をもらえたような気がします。
[PR]
by taketonbon | 2013-03-11 10:39 | ボランティア5・6年 | Comments(0)