阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2011読み聞かせ3・4年 その3

あかいてぬぐいのおくさんと7にんのなかま
イ・ヨンギョン作 かみやにじ訳
福音館書店 ¥1575
時間=8分 絵本=5歳くらいから


これはおもしろい絵本ですね~。
はじめ散らばっていた子ども達が、
終わった頃には絵本の周りにギュッと集まっていて、
なるほど~子どもも面白かったんだ! と実感。

縫い物の道具仲間のそれぞれの表情と言葉が
読んでいてとても面白く、それが子どもにも伝わったようです。

ページを隅々まで見ている子どもたちは、
声をあげて笑っていましたよ。
とてもレトロな落ち着いた感じの素敵な挿絵なんですけどね。

韓国の絵本です。

韓国からは最近、素敵な絵本が出てますよね。
日本みたいにメルヘンチックじゃなくて、
商業的に走るわけでもなく、
そして緻密すぎない。上手い手抜き加減に味があるというような。

国の文化というものをこんなに素敵に伝えてくれる作家が
日本にもいたらいいなぁと思ってしまいました。

はなたれこぞうさま
長谷川摂子・文 福知伸夫・絵
岩波書店 ¥798
時間=6分 絵本=4・5歳くらいから


タイトル読むだけで子どもたち笑ってしまいます。
てのひらむかしばなし集の1冊です。
今回は九州の方言でしたね。
方言読むときは突っ掛らず一気に読み上げたい
ものだけど、うまくいかず・・・。ちょっと反省。

前回から、子ども達が手をあげて感想を言ってくれるようになり、
たぶん、先生にそうしなさいって言われていて、
何だか気恥ずかしいものもあるのですが、
なるほど! とか、そこが面白いのかい! 
と思わず突っ込み入れそうになるほど
いろんなこと言ってくれるので、やはり子どもは面白いですね。
[PR]
by taketonbon | 2011-06-22 09:49 | ボランティア3・4年 | Comments(0)