阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ナルニア国ものがたり

先日、テレビでナルニア国ものがたりの映画やっていましたね~。
我が家の子ども達、いつの間にか、録画したのを観始めていましてね~。

思わず、「ストップ! ストップ!! そこまでーーー!!!」と強引に消しました。

我が家は、子どもの本屋です。
ナルニアとクマのプーさんだけは、まずは原書でという強い思いがあります。

勉強会などを通して、今一面白さがわからない私にとって、
この物語は、わが子がどう読んでいくのであろう・・・という
期待感がありました。

娘は、しばらく、いじけて泣いていましたが、
私が寝る前に読んであげるということで納得。

となると、娘に読んであげるのを息子も聞きたいのですね。
だけど、自分のムーミンも読んでもらいたいので喧嘩です。

最近は寝る時間もずれてきましたので、
それぞれに読んであげることになりました。

ちょっと前、息子に、
「うちみたいに面白い本が置いてある家はないんだよ!!」 
と言ったとたん、岩波少年文庫の前にたち、
自ら本を選ぶようになりました。

なかなか、シブイ本を選びます。
「真夜中のパーティー」 
これは「トムは真夜中の庭で」の続編だと勝手に思っていたのですが、
短編集なのですね。

昨日、読み終えたので、今日からは、
ナルニア国ものがたりの1巻目。「ライオンと魔女」
少年文庫のサイズが持ち運びも楽で、読み易いようです。
景品の「ちいさいおうち」のブックカバーをつけて、
宝物のようにランドセルに入れてます。

2人の感想が楽しみです。
[PR]
by taketonbon | 2011-03-01 11:17 | 日常 | Comments(0)