人気ブログランキング |

阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

本屋の子ども

よく、「ここのお子さんは幸せね~★ 本に囲まれて!!」 と言われます。
確かに、生まれた時から、家の中は本だらけ。
あらゆる本を読んでもらってそれが当たり前。

なので、お越しいただくお客さま方のような、
本に対して恋焦がれる感情というものは無いように思います・・・。

昨日、息子が、
「今ね、クラスで読書の時間に、厚い本とか、
難しい本ば読むとが流行っとるったい。
だけん、俺も読もうと思うけん、選ぶの手伝って!!」
と言ってきました。

「いやいやいや、そこにずーっと
ホーマーくんとか魔女の本置いてあるけど・・・。」

「あっそうか。でもね、ホッツェンプロッツっていうどろぼうの本
読みよらしてね~、面白そうだけん俺も読んでみようかな。」

大どろぼうホッツェンプロッツといえば、ロングセラーの読み物で、
何度も薦めてきたんですが、それすら忘れてる感じ。
うちの本棚にあるのも知ってるのかな~。

まぁ、こんな感じです。
クラスがこんな読書も含めて、とてもいい感じのようです。
「来年クラス替えいやだなぁ~」とぼやいておりました。

娘は、いつも学校から絵本を持って帰ってくるのですが、
これがどうしたことか、うちにある絵本ばかり。
それも、借りて1週間うちに置いておくのではなくて、
いつもランドセルに入れて持ち運びしてるのです。

毎日それ持って1時間の登校はキツイでしょーと思うのですがね。

娘も来年はクラス替え。
来年は、運動会で、
「はだしで走ってもいい!! って言ってくれる先生がいい。」
と申しております。

子どもって予想もしないことを普通にいうので
本当に面白いですね~。
by taketonbon | 2010-10-28 10:43 | 日常 | Comments(0)