阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ありがたいこってす!
マーゴット・ツェマック作 わたなべしげお訳
童話館出版 本体価格1400円 
時間=7分 絵本=5歳くらいから


冬の時期に必ず読む一冊です。
大勢の家族と一部屋に住む貧しい男が、
日々の騒々しさをラビ=ユダヤの法律家に
相談しに行きます。
するとラビは、飼っているひなどり、おんどり、がちょうを
部屋の中に入れて一緒に暮らしなさい、と言います。
さぁ、とんでもない暮らしが始まります。

熊本地震があって、西原村のたいていの人たちは、
避難所生活を経験しました。
帰宅して、やっぱり自宅が一番だ!と誰もが思ったでしょう。

その時の、不安がいっぱいで、落ち着かない日々の騒々しさが、
この絵本と重なります。



[PR]
by taketonbon | 2017-11-30 09:31 | ボランティア5・6年 | Comments(0)

クリスマスシーズン

クリスマスシーズンがやってきましたね。昨年はできなかったクリスマスの飾り付けを久しぶりにやりました。今年は寒くなるのが早いですね。ぜひ大切な方々に本のプレゼントを!
f0207652_16591188.jpg


[PR]
by taketonbon | 2017-11-29 16:56 | Comments(0)
とらとほしがき
パク・ジェヒョン再話・絵 おおたけきよみ訳
光村教育図書 本体価格1600円
時間=7分 絵本=5歳くらいから


韓国の昔話で、日本の「ふるやのもり」と似ています。
日本にはない味のある画が魅力的。
しかも躍動感もあるので、大人数の前で読むには、
とても良いと思います。

お話もツボにはまるようで、次はどうなる、こうなる
という声がこそこそと聞こえてきたり。

ただ今、旬の柿ですが、柿は食べても干し柿はもう今はあまり食べないと
子どもたちは言ってました。おばあちゃんちで見かけるくらいだと。
私は熟したものが大好物です。


どうしてかわかる?世界のなぞかけ昔話①
ジョージ・シャノン文 ピーター・シス絵 福本友美子・訳
晶文社 本体価格1500円
時間=1分から 絵本=4年生くらいから

今日は10番目の日本のお話。
怠け者の百姓、やそはちは地主に働けと言われても
なかなか働こうとしませんが、
面白いことで畑を耕してみせます。
ちらほらと答えが子どもたちから聞こえてきました。

この本は、世界のとんちをきかせた昔話なのですが、
どうなのでしょう?こんな田舎に住む子どもたちだから、
答えの糸口が見つかるのかもしれませんね。
畑の中に自分が立った時の感覚が想像ができる、
素晴らしいことです!


[PR]
by taketonbon | 2017-11-16 10:49 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
がちょうのペチューニア
ロジャー・デュボアザン作 まつおかきょうこ訳
冨山房 本体価格1400円
時間=10分強 絵本=小学校低学年から

ある日、「本」を手にしたペチューニア。
確か、これを持っている人は賢い人たちだわ!と、
いつも本を翼の下にはさみ、暮らし始めます。
賢く見えるようになったペチューニアに
他の動物たちは色々な相談を持ちかけますが、
一向に解決には至りません。
見せかけだけの賢さだということに、
気づくことができるのでしょうか?

子どもたちも、動物たちがペチューニアに
あしらわれる様子に笑いながら、
惹き込まれていきます。

でも最後のペチューニアは、
とても素晴らしいことを言うのですよ!
お楽しみに。


[PR]
by taketonbon | 2017-11-09 09:06 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
みっつのねがいごと
マーゴット・ツェマック作 小風さち訳
岩波書店 本体価格840円
時間=5分 絵本=4・5歳くらいから


ある日、ちいさいオニを助けたことから、
三つのねがいごとがかなうことになった夫婦。
あれがいいなぁ、こっちの願いがいいなぁと
悩む姿がとても面白くて、自分たちと重なるような気がします。
そう、宝くじが当たったら!?そんな感じです。
でもやっぱり、小さなささやかな幸せが一番だと思える絵本です。


どうしてかわかる?世界のなぞかけ昔話①
ジョージ・シャノン文 ピーター・シス絵 福本友美子・訳
晶文社 本体価格1500円
時間=1分から 絵本=4年生くらいから

今日は4と5のお話。子どもたちの間で
色んな意見が出てくるようになってきました。
たねあかしをすると、なんと女の子が
「あ、それ、2チャンネルでやってた!」という
発言にビックリ。
確実に我が子たちとはもう違う世代なんですが、
これからの子どもたちをめぐる環境は、
1・2年スパンで劇的に変化していくように思います。
それを指導する大人もついていけない感じですよね。

変化しすぎて、結局はアナログ、昭和的なものが
重宝される時代が来るかもしれません。
うちはいつまでもそんなお店です。


[PR]
by taketonbon | 2017-11-02 10:15 | ボランティア5・6年 | Comments(0)