<   2012年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

長くつ下型のバッグ

f0207652_934548.jpg夜にちょこっと時間があるので、
長くつ下型のバッグを作ってみようと思います。
ハギレを適当にくっつけて、表の布は出来ました。

アイロンをビシっとかけて、やってみます。
全て適当。定規も使ってない(笑)。

昨年は、弟のこみやゆうの絵本・クリスマスのまえのよるを
置いてくださっていた上石神井のcuriousキュリアスさんに、
この絵本がすっぽりと入るとても可愛いハンドメイドの靴下があったのです。

とても素敵なアイデアだなぁ~と思っていましたが作る時間はなかったので、
今年こそ!! やってみます。

もっと柄は大きくシンプルでいいと思うんですけど、
とりあえず、試作とディスプレイ用に。
[PR]
by taketonbon | 2012-11-30 09:50 | 日常 | Comments(0)
まほうつかいのノナばあさん
トミー・デ・パオラ作 ゆあさふみえ訳
ほるぷ出版 ¥1470
時間=10分 絵本=5・6歳くらいから


スパゲッティがわんさかわんさか鍋から出てくるお話です。
テンポもよく、スパゲッティがページいっぱいに広がるシーンでは、
「あ~あ」とため息がもれてきそうですが、
最後には子どもたちも緊張が緩むようで、感想があちらこちらでもれていました。

「おしおきは しでかしたことに ふさわしいもので なくっちゃね」
という、ノナばあさんのあたたかい言葉にみんな救われます。
学校にも、こんなおばあちゃんがいたらいいのに・・・と思いますが、
そうか、私たちボランティアも活動を続けていたら、こんなおばあちゃんになりますよね。
いい目標ができたな006.gif
読み聞かせが、子ども達にとって、ホッと出来る時間であればいいなぁと思います。
[PR]
by taketonbon | 2012-11-28 10:44 | ボランティア5・6年 | Comments(0)

天と地の守り人

上橋菜穂子さんの守り人シリーズ、完結編の天と地の守り人(全3巻)を読み終えました。
あ~面白かった!! 前巻の蒼路の旅人では、どんな結末へ!? 問題山積だと思っていたんですが、
意外とこの3巻では物足りなさを感じるほど、あっという間に終わってしまいました。
そこにもったいなさを感じてしまいます。辛口ですかね、感想が。
ん~実にもったいない。あと2冊分くらい、綿密に描かれてもいいのかな~なんて。
途中は1冊を1日で読んでしまうほど面白くて、最後にはチャグムの成長に涙するのですが、
それだけに惜しいな・・・という強い気持ちが芽生えました。

各巻の上橋さんのあとがきがあるのですが、それは読まない方がいいです(笑)。

上橋さんは、岩波少年文庫のアーサー・ランサム全集1.ツバメ号とアマゾン号の下巻に
解説を書かれています。上橋さん自身が、10代の頃にもっとも影響を受けた本が、
指輪物語、サトクリフの歴史小説、そして、アーサー・ランサム全集の3作だったそうです。

そうか、確かに面白かったけど、この3作の重厚さにはまだまだ守り人は敵わないと思ってしまいました。
獣の奏者の時もそうだったんです。面白くて面白くて先に進んだものの、
最後に拍子抜けしてしまうような感覚。

そう考えると、普段うちの店にある古典と言われる児童文学の本には、
そんな拍子抜けが少ないように思います。もちろん面白いが一番なんですが、
その面白さだけでは、心に残ってはいかないなぁ・・・と初めて感じた作品だったように思います。
心が震える物語ではなかったです。残念。

やはり、古典になるまで生き続ける、心震える物語というのは、
それ相当のものがつぎ込まれないといけないのかなぁ~なんてことも
感じた作品でした。
[PR]
by taketonbon | 2012-11-27 09:07 | 読みました!! | Comments(0)

落ち葉

f0207652_11331987.jpg今朝は風があります。
カーテンを開けると、その風に吹かれて庭の紅葉の葉が吹雪のように舞い散っていました。
花吹雪ならぬ、もみじ吹雪。

庭は落ち葉の絨毯です。すっかり全部落ちてしまってから、掃くようです。
お兄ちゃんは学校で掘った芋を落ち葉で焼きたいみたい。
爺ちゃんに「まだ掃かないの?」といつも言ってます。

からいもはやっぱり、焼き芋が最高ですね。

1キロくらいある大きすぎる芋は、今日あたり、
大学イモにでもしないといけませんね~。
(いつ作るの!? と子どもに聞かれ、明日ね・・・と言って何日経っただろう・・・)

今日こそ、おかずの一品だ!!
[PR]
by taketonbon | 2012-11-26 11:41 | 日常 | Comments(0)
f0207652_9395260.jpgこの度、楠緒さんがコンテストに応募した庭が、
BISESビズガーデン大賞の優秀賞に選ばれました。
今月号のBISESに写真付きで発表されています。

我が家の坊っちゃんが、木苺を摘む姿も載ってます!!

当店でも、BESESを販売しておりますので、
ぜひ手にお取りくださ~い。

昨日も、この記事を見て、わざわざ探しておいでになる方もいらっしゃいました。

写真は藤の花が咲く春ですが、ただ今、色んな樹が紅葉しています。
寒すぎない、しっとり雨に濡れたお庭もいいですよ~。
[PR]
by taketonbon | 2012-11-24 09:51 | 日常 | Comments(0)
ラン パン パン
マギー・ダフ再話 ホセ・アルエゴ絵 山口文生・訳
評論社 ¥
時間=10分 絵本=4・5歳くらいから


インド民話です。王様に奥さんを捕らえられたクロドリは、
王様に戦いを挑みます。
不恰好な装いに思わず噴出してしまいますが
ランパンパンのリズムにのって、お話はどんどん進んでいきます。

王様をやっつける方法がなかなか奇想天外で、
子ども達も楽しかったようです。

終わったあと、数人が、「ランパンパン!」と口にしていましたね~。
よかったよかった041.gif
[PR]
by taketonbon | 2012-11-21 10:15 | ボランティア5・6年 | Comments(0)

村の文化祭

f0207652_106712.jpg昨日は村の文化祭に行ってきました。
生涯教育講座で茶道を習い始めて一年の娘が、家族にお茶をたててくれました。
赤い着物を着て、立派に振舞う姿に感動。
家での様子とは違い、茶道の時にはゆったりと静かにお稽古しているそう。
まさか一年で一人で立てるようになるなんて、もう母を超えた!!
母は飲み方さえ知らないのです・・・。

他にも華道、書道、絵画などの展示があり、
人はこういうものをゆったりと嗜むことが必要なんだと実感しました。
[PR]
by taketonbon | 2012-11-19 11:05 | 日常 | Comments(0)

バレーの試合

娘のバレーボール部の試合に八代まで行ってきました。
遠かった~。高速使っても1時間かかりました。
5・6年生6人のチームで、小4の娘はボール拾いしかしません(笑)。
八代まで行って、ボール拾い・・・。ここはグッと堪えて。

熊本市内の小学校が対戦相手で、こてんぱんにやられると思っていたのですが、
粘りを見せ、2セット目だけは取れました。
6年生が最後の試合だったのですが、チームの子どもたちと先生と一体感を感じられて、
とても良かったと思います。

2月は新人戦があるらしく、5年も3名しかいないので、
4年から残り3名が必ずでなくちゃなりません。

まだまだ、コート内で何していいかわからないでしょうね~。

お兄ちゃんの時は、動けない姿を見て腹が立ってましたが、
娘の時は、大丈夫かな~可哀相だな~なんて思ってしまいます。
不思議なもんですね。長子は損だなぁ~。

そうそう、同じ会場で一際異彩を放っていた多良木のチームが優勝したそうです。
うちの中学生チームが相手でも勝てるよねって思うほど、完璧なチームでしたよ。
その試合見られただけでも勉強になったかな。

帰りはのんびり、下の道を帰ってきました~。
ドライブ・ドライブ!!
[PR]
by taketonbon | 2012-11-17 09:46 | 日常 | Comments(0)
せかいいちおいしいスープ
マーシャ・ブラウン作 こみやゆう訳
岩波書店 ¥1680
時間=10分 絵本=5・6歳くらいから


今日も5年生にこの本を読みました。
とても興味深かったようで、後ろの子は膝をついて見入っていましたよ。

スープの材料は、水に石、塩とコショウ、ニンジンにキャベツ。牛肉や牛乳。
料理をしていると、なるほど! そんな味なのか・・・と想像できますが、
子ども達にはいまいちどんな味だか想像できないみたいですね。

食べてみたい!? って尋ねると、う~んと首をかしげた分からない返事が多かったです。
[PR]
by taketonbon | 2012-11-16 13:16 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
せかいいちおいしいスープ
マーシャ・ブラウン作 こみやゆう訳
岩波書店 ¥1680
時間=10分 絵本=5・6歳くらいから


昨日からこちらは冷え込んでいます。
そんな寒い日には温かい鍋が食べたくなりますよね~。
今日はそんな絵本です。
大鍋でスープを作る絵本です。

戦争が終わり、兵隊さんが家路に着く途中、お腹がペコペコになります。
あかりをみつけた農村で、食べものと寝床を分けてくれとお願いしますが、
どの家もそれなりの理由があり、ありつけません。

そこで、村人の前で、「石からスープを作ります!!」と宣言。
最初は、ああだこうだと理由を付けて断っていた村人たちが、
少しだけなら・・・と材料を差し出していきます。

するとどうでしょう。王様が召し上がるようなスープが出来上がりました。

出来上がったスープを読み終わった子どもに「飲んでみたい?」と聞いたら、
即答で、「嫌だーーー」と返ってきましたわ。思わず噴出しましたね。

石がですね、汚いと思うんですって。
金曜日の5年生にも試してみようっと001.gif
[PR]
by taketonbon | 2012-11-14 09:35 | ボランティア5・6年 | Comments(0)