<   2010年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

おかのうえのギリス
マンロー・リーフ文 ロバート・ローソン絵 こみやゆう訳
岩波書店 ¥1575
時間=13分 絵本=5・6歳くらいから


この絵本を先日、高学年に読んだのですが、
5・6年生ともなると、なかなか反応が出にくいお年頃でしてね。
今日は、2年生の子ども達の反応を楽しみにしていました。

ところが、今日は月に一度の、先生も同席される日で・・・。
皆、とても硬くなって座っておりました。

いつもは和気あいあいと子ども達の感じるままに
読み進んでいって、笑い声やツッコミが多いから
私も凄く楽しいんですが、今日はその笑いさえダメな雰囲気で・・・。

しかしですね、いつも一番前のど真ん中で陣取ってくれるK君。
私にありがとうございます!! って言ってくれる子ですね。
その子はやってくれました。

大の大人がバグパイプを吹けないとわかると、
そのK君のまわりは、そわそわして騒ぎ始めるんですね。

「ギリスだよ」 「ギリスが吹くんだけん」 こそこそ声で。
ギリスの表情を良く見ているようですね~。

そして、空気を大きく吸い込んで、顔が真っ赤になるシーンでは、
「すっげー」などの連発でした。

先生が思わず、「静かにっ!!」って言ってしまいそうな雰囲気だったので、
先に私も大声で笑いました006.gif

良かった良かった。今日も喜んでくれて。
[PR]
by taketonbon | 2010-10-29 09:41 | ボランティア1・2年 | Comments(0)

本屋の子ども

よく、「ここのお子さんは幸せね~★ 本に囲まれて!!」 と言われます。
確かに、生まれた時から、家の中は本だらけ。
あらゆる本を読んでもらってそれが当たり前。

なので、お越しいただくお客さま方のような、
本に対して恋焦がれる感情というものは無いように思います・・・。

昨日、息子が、
「今ね、クラスで読書の時間に、厚い本とか、
難しい本ば読むとが流行っとるったい。
だけん、俺も読もうと思うけん、選ぶの手伝って!!」
と言ってきました。

「いやいやいや、そこにずーっと
ホーマーくんとか魔女の本置いてあるけど・・・。」

「あっそうか。でもね、ホッツェンプロッツっていうどろぼうの本
読みよらしてね~、面白そうだけん俺も読んでみようかな。」

大どろぼうホッツェンプロッツといえば、ロングセラーの読み物で、
何度も薦めてきたんですが、それすら忘れてる感じ。
うちの本棚にあるのも知ってるのかな~。

まぁ、こんな感じです。
クラスがこんな読書も含めて、とてもいい感じのようです。
「来年クラス替えいやだなぁ~」とぼやいておりました。

娘は、いつも学校から絵本を持って帰ってくるのですが、
これがどうしたことか、うちにある絵本ばかり。
それも、借りて1週間うちに置いておくのではなくて、
いつもランドセルに入れて持ち運びしてるのです。

毎日それ持って1時間の登校はキツイでしょーと思うのですがね。

娘も来年はクラス替え。
来年は、運動会で、
「はだしで走ってもいい!! って言ってくれる先生がいい。」
と申しております。

子どもって予想もしないことを普通にいうので
本当に面白いですね~。
[PR]
by taketonbon | 2010-10-28 10:43 | 日常 | Comments(0)

もみじ

f0207652_10133724.jpgf0207652_1014689.jpg











急に寒くなりましたね。こちらも今朝はストーブをつけました。

この集落の隠れ名所、もみじの紅葉がとても綺麗な道があります。
この先のお宅に行かなければ通らない道なので、
あまり知られていませんが、私は毎年楽しみ。

まだまだ青い葉っぱ。
綺麗に色付いてほしいなぁ・・・。
昨年は気候があまり良くなくて、綺麗ではなかったのです。

急に寒くなると、人間には堪えますが、
寒暖の差が大きいほど、紅葉は見事なようです。

紅葉レポートお楽しみに。
[PR]
by taketonbon | 2010-10-27 10:23 | 日常 | Comments(0)
おかのうえのギリス
マンロー・リーフ文 ロバート・ローソン絵 こみやゆう訳
岩波書店 ¥1575
時間=15分 絵本=5・6歳くらいから


ギリスの吹くバグパイプが大きく膨れ上がる瞬間は、
子ども達も「 ! ? ! 」と思うようです。

自分で読んだ時は、最後が物足りない感じがしたのですが、
子ども達の前で、ギリスの山や谷での暮らしや、
2人のおじさんたちのやりとりなんかを読んでみると、
なるほど、終わりはしっくりくるものだと感じました。

まだ、我が子に読んでないので、今晩読んでみます。
相変わらず、息子は、声だけ聴いて、半分くらいで寝てるんですけどね044.gif

赤い目のドラゴン
リンドグレーン文 ヴィークランド絵 ヤンソン由実子・訳
岩波書店 ¥1470
時間=7分 絵本=6歳くらいから


どうだったかな~面白かったかな~と不安でいると、
担任の先生が、この絵本はある子が童話発表会で
暗誦した本だと言われ、みんな良く知っていたそうです。
ですが、絵本として読んでもらうことはなかったそうで、
子どもたちにもいい機会だったと言ってもらえました。

この秋、3回目のドラゴンでした072.gif
[PR]
by taketonbon | 2010-10-26 10:37 | ボランティア5・6年 | Comments(0)

バスケの試合

昨日は、朝早くから、阿蘇の碧水小学校へ、
息子のバスケットの試合に行ってきました。
前回は碧水小に90-0で負けて、
私は凄くショックを受けたのですが、
今回はその碧水よりさらに強い内牧小との対戦。
正直、200点台にまで突入するのか~って緊張しながら見守りました。

頑張れ、頑張れ~と親達は出来る限りの声援を送りましたが、
結果107-10 で負けました。 でもでもこの10点がとても貴重で、
わずか半年で、10点取れるようになったのは快挙なのです!!

6月の試合からは、ドリブルやシュートなどが上手くなって、
目覚しく進歩していま~す006.gif

実は、昨年は人が集まらず、休部だったバスケ部。
今年はやっと11人集まって、県登録できました。

子どもたちは、2月の大会に向けて、闘志むき出しで、
何とか1勝を目標にしています。

言い訳をしたら、本当にきりがありません。
でも一生懸命な姿をみたら、応援せずにはいられません。

いつか、一進一退を繰り返す面白い山西小のゲームを
見てみたいねぇ・・・と主人と言いながら帰ってきました。

まずは、バスケットボールを買いに行こうかな・・・と思います003.gif
[PR]
by taketonbon | 2010-10-25 11:13 | 日常 | Comments(0)
いいお産の日 in 菊池合志2010で
読み聞かせをしてきました。

小さいお子さんをお持ちのお母さん、妊婦さんが
自分達で主催されたイベントで、スタッフの皆さん
頑張られておられました~。

行政や産院主催ではなく、産むという当事者たちが
自分達で情報収集したり、パネルを作ったり・・・。
これから産む人たちへのメッセージがたくさん詰まっていました。
そのお母さん方のエネルギーは凄い!! 熱かったです。

私は、1時間ほど、ずーっと読み聞かせをしました。
久しぶりに、小さい子相手だったので、
何だか、懐かしい感覚で、読んだというより、
過ごさせてもらいました。

3・4歳向けの絵本ばかりをチョイス。
娘によく読んでいた福音館の「くだもの」という絵本。
「はい、どうぞ。」の文章と同時に、子ども達の口元に差し出してあげると、
どんな子も、むしゃむしゃパクパクと食べてくれました。

そんな、親子での読み聞かせの時間が増えますように・・・。

まずは、お母さんが我が子に読んであげるのが一番だと思います。
読み聞かせのボランティアをしていますが、お母さんには敵いません(笑)。

どんなお母さんでも、読み聞かせは始められます。
まずは一冊、手に取ってみませんか?
ご相談くださいませ♪
[PR]
by taketonbon | 2010-10-24 10:52 | 日常 | Comments(0)
王さまと九人のきょうだい
中国の民話 君島久子・訳 赤羽末吉・絵
岩波書店 ¥1260
時間=15分 絵本=5・6歳くらいから


これはですね~、子ども達すごく喜びます。
9人の赤ちゃんに名前を付けるところから、すげーとかの大騒ぎ。
ながすねのすねがしゅうっと伸びて谷をまたぐところは最高に面白い058.gif
最後まで読む方も、見ている方も楽しい一冊です。

ベンジーのもうふ
マイラ・ベリー・ブラウン文 ドロシー・マリノ絵
まさきるりこ訳 あすなろ書房 ¥1365
時間=8分 絵本=4・5歳くらいから


今日はですね~、時間配分を間違えて、
この本に突入してしまいました。
王さま~の一冊で時間的には十分だったんですが、
いつもの感覚で2冊読んでしまったので、
大幅に時間オーバー。
1限目に突入してしまいました。

すみませ~ん、先生008.gif
子ども達、せっかくのいい本なのに、早口になってしまって007.gif

はじめは、毛布をなかなか手放せないベンジーを、
子ども達はみんなからかっていたんですが、
頁が進むたびに集中してきたのは、
物語の持つ力なのか、先生が現れたからなのか正直分かりません(笑)。
もう一度、ゆっくり読んであげたい絵本です。
[PR]
by taketonbon | 2010-10-22 10:51 | ボランティア1・2年 | Comments(0)

キュリー夫人

リクエスト復刊された岩波少年文庫のキュリー夫人を読みました。

ロシア占領下のポーランドで貧しい少女時代を過ごし、
パリで苦学したマリーは、やがて物理学者キュリーと結婚。
不屈の研究生活をつづけ、ついにラジウムを発見し、
ノーベル賞を受けたキュリー夫人の生涯。

貧しいからこそ、抑圧されるからこそ、
自分の進むべき道が明確になって行くものだと思います。
誰もが、時代に、楽な方に、流されてしまいますが、
マリーの、周りに翻弄されず、研究に突き進むその精神の強さ。

何事にも揺れ動く10代にぜひ読んでもらいたい一冊。
背中を押してくれそうな本です。



私事ですが、ただ今真っ最中のショパンコンクール中継を楽しんでいます。
生中継だと夜中25時くらいからなので観ませんが、
ありがたいことに、出場した80人全ての演奏が
観られるようになっています。すごい時代ですね。

ポロネーズやマズルカ??? 何だろうって思っていたのですが、
驚いたことに、この本には、マリーがマズルカに興じて朝帰り♪
なんてシーンも出てきたり、ピアニストでポーランド首相もつとめた
パデレフスキも出てきたりして驚きました。

読むたびに、ワクワクしたり、大きな発見あったり、自信がついたり。
いいことばかりです056.gif
[PR]
by taketonbon | 2010-10-20 11:52 | 本棚 | Comments(0)

おかのうえのギリス

f0207652_1034730.jpgおかのうえのギリス
マンロー・リーフ文 
ロバート・ローソン絵
こみや ゆう訳 
岩波書店 ¥1575


こみや ゆう訳 第4弾が岩波書店より刊行されました。

「はなのすきなうし」でおなじみの
名コンビによる楽しい絵本です。

ギリスは、牛飼いのくらしと、狩りのくらしを経験するうちに、
とてつもなく強い肺の持ち主になります。

黒一色の挿絵ですが、とても力強くて個性的。
思わずググーッと見入ってしまいます。

タータンチェックの絵本とも言われ、
確かにチェックが装丁に使われている絵本も珍しいでしょうね。
本場スコットランドからの絵本です。

新刊、続々入荷してます!!
読書の秋です♪♪
自分ならではの素敵な本を見つけましょう★
[PR]
by taketonbon | 2010-10-19 09:52 | 新着 | Comments(0)

復刊 岩波少年文庫 

f0207652_9595085.jpg岩波少年文庫、創刊60年記念で、
18点がリクエスト復刊されました!! 

特におすすめの8点が入荷しました。
ずっと探しておられた方、この機会に!!
限定出版です。

昔の少年文庫の装丁をイメージして、
とてもシンプルに、可愛らしくなっています。「昔読んだ大人たちへ」がテーマかな。
 
地味だから、子どもは手に取りにくいかも・・・。
昔、夢中になった大人がぜひぜひ薦めてください。
読まなかった大人も・・・。
私は、キュリー夫人、読んでます。

f0207652_10231120.jpg<小学校中級から>
・ウサギどんキツネどん 
・バラとゆびわ


<小学生上級から>
・キュリー夫人
・隊商
・火の鳥と魔法のじゅうたん
・地下の洞穴の冒険


<中学生から>
・銀のスケート
・よろこびの日

[PR]
by taketonbon | 2010-10-18 10:15 | 新着 | Comments(0)