阿蘇の田舎の絵本屋


by taketonbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ボランティア5・6年( 143 )

ちびくろ・さんぼ
へれん・バンナーマン文 フランク・ドビアス絵 光吉夏弥・訳
瑞雲舎 本体価格1000円 
時間=10分 絵本=4・5才くらいから


昔は誰もが知っていたちびくろさんぼ。
今ではこの本も知られていないのかな~と思って、
持っていったら、ほとんどの子が知っていました。
トラがぐるぐる回ってバターになっちゃうお話と
その後のたくさんのホットケーキに、
子どもの頃は涎を垂らしてみていたような気がします。
ホットケーキをみて何故かワクワクしてしまうのは、
この絵本の影響でしょうか?

今の子どもたちにも、こんな絵本の記憶が
残るといいなぁ…と思います。



[PR]
by taketonbon | 2017-10-19 09:00 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
ずどんといっぱつ
ジョン・バーニンガム作 わたなべしげお訳
童話館出版 本体価格1400円
時間=10分 絵本=5歳くらいから


バーニンガムの渋い挿絵に、
何ともみにくい捨て犬シンプが哀愁を誘います。
子どもたちも、かわいそうだなぁと思うようです。
そんなシンプが、今にもクビになりそうな、
サーカスのさえないピエロおじさんと
活躍するお話です。




[PR]
by taketonbon | 2017-10-12 18:05 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
おばけリンゴ
ヤーノシュ作 やがわすみこ訳
福音館書店 本体価格1200円
時間=10分 絵本=5歳くらいから


朝がとても冷んやりとしてきました。
昨日は中秋の名月。
夜空を見上げた時には、空高いところにありました。
とても明るい夜でしたね。

先週の月に続き、今日はリンゴの本。
みんな、秋に寒いところでリンゴが実るというのは知っていましたよ。
熊本育ちの私は北海道でたわわにリンゴが実る姿をみたときは、
単純に感動したものです。こちらはミカン、柿、ですからね。

なかなか実らないリンゴの木に大きな大きな実がなるという、
おもしろいお話です。

こちらはススキも目立ち始めました。
秋はしんみり落ち着いて、とても良い季節。
読書も進みますね。


[PR]
by taketonbon | 2017-10-05 09:46 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
月おとこ
トミー・ウンゲラー作 たむらりゅういち訳
評論社 本体価格1500円
時間=8分 絵本=5歳くらいから


彼岸花が田んぼや畑の畔に咲いていますね。
お月さまの綺麗に見えるこの季節に、
月にまつわる絵本を2冊。

月おとこは、とてもコミカルなお話です。
前にずらりと並ぶ男の子たちが、
いちいち反応してくれるので嬉しい限りです。

つきのぼうや
イブ・スパング・オルセン作 やまのうちきよこ訳
福音館書店 本体価格1100円
時間=5分 絵本=4歳くらいから


珍しい縦に細長い絵本です。
つきのぼうやが空から落ちてくる様子が
とても楽しく描かれています。
最後のお月さまの表情が頼もしいです。




[PR]
by taketonbon | 2017-09-28 10:06 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
チムとゆうかんなせんちょうさん
エドワード・アーディゾーニ作 せたていじ訳
福音館書店 本体価格1300円
時間=13分 絵本=5歳くらいから


船乗りに憧れるチムが、大きな汽船に乗り込み、
大活躍するお話です。

汽船に忍び込んだチムでしたが、はじめに強要された甲板磨きも認められ、
船のどんな仕事もこなして、船員に認められていきます。

しかし、チムが懸命に働く汽船も、嵐に巻き込まれ、座礁してしまいます。
怖くて縮こまっていたチムは見捨てられてしまいますが、
そこを勇ましい船長と、救命ボートが救ってくれます。
息をのむシーンでは、子どもたちも静まり返っていました。

チムが働いているシーン。この、大人の役に立ってる!
というところが私の大好きな場面で、
子どもの頃にはこんな体験をたくさんさせないといけないと思っています。
できれば、そこに親がいない方がいい。
そこで、子どもは本能的に自分がどんな存在で、どう認められているかを
肌身で感じるわけで…。社会との関わりを自然と持つことになります。

読み聞かせで読む度に、あらためてその素晴らしさを実感する1冊です。



[PR]
by taketonbon | 2017-09-21 09:11 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
ランパンパン
インド民話 マギー・ダフ再話 ホセ・アルエゴ絵 山口文生・訳
評論社 本体価格1200円
時間=10分 絵本=5歳くらいから


運動会も終わり、今年は秋の訪れが早い気がします。
朝晩も涼しいを通り越して肌寒く、夜は秋虫の大合唱です。
2学期の読み聞かせがスタートしました。

6年生のクラスですが、夏休みが終わるとまた一段と大人びた印象です。
今は男の子の方が幼い気もしますが、
そんな男の子達が前の方でずらりとよく聞いてくれます。
反応があるので、読み手としては助けられてます105.png

あらためて読むと、絵の愉快さと、お話の秀逸さと、
テンポのよさと、抜群の1冊です。




[PR]
by taketonbon | 2017-09-14 11:52 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
どろぼうとおんどりこぞう
ナニー・ホグロギアン作 はらしょう訳
アリス館 本体価格1214円
時間=5分 絵本=5歳くらいから


とても愉快痛快な絵本です。
いたるところにポピーの花が出てくるのですが、
この辺りでも4・5月頃に、萌の里の花畑で
見ることができます。

誕生日に、ごちそうのおんどりの丸焼きを
泥棒たちに盗まれてしまうメルコン。
仕返しを企てます。


だごだごころころ
石黒渼子・再話 梶山俊夫・絵
福音館書店 本体価格1200円 
時間=5分 絵本=5歳くらいから


おむすびころりんの話と子どもたちは思ったようですが、
ちょっと違う展開に惹き込まれていましたよ。
鬼のしゃもじを使うと、ばあさんの作るだごの粉が増えていくんですよ。
欲しいですね。

今学期、最後の読み聞かせでした。
学校に到着すると、プールに水が張られていて、
見ているだけで涼しげでした。
梅雨明けももうすぐですかね。
次は、運動会が終わってからのスタートです。



[PR]
by taketonbon | 2017-07-13 09:22 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
おおきくなりすぎたくま
リンド・ワード作 渡辺茂男・訳
ほるぷ出版 本体価格1500円 
時間=10分 絵本=5歳くらいから


読み応えのある絵本ですが、ページの文字数が少なくて、
お話がどんどん進んでいきます。
挿絵は単色なのですが、とてもリアルに描かれていて、
くまが台所や農場や畑を荒らすシーンは、
あぁ…とため息が出てしまうほどに惹き込まれてしまいます。
子どもたちもそうでした。
あまりの災難に、くまを森に帰すのですが、
そこでは子どもたちも気持ちが緩んで、
ほっこりと笑いが出ておりました。

森や自然の風景は、この辺りと変わらないような気がします。



[PR]
by taketonbon | 2017-07-06 09:22 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
うさぎのみみはなぜながい
北川民次・作 福音館書店 本体価格1200円
時間=10分 絵本=5歳くらいから


メキシコがまだオナワの国といった時代の昔話。
日本でいうと室町時代の頃1400年くらいのお話です。

森の動物にいじめられてばかりいる兎は、
神様のところへ行って、大きく強くしてほしい…と願います。
すると神様は、自分の手でトラ、ワニ、サルの皮を剥いで
持ってくれば叶えてやろう…と言います。

兎はなるほど!と思えるような知恵をしぼって、
見事に皮を剥いでいきます。
その様は残酷ではありますが、
ちゃんと神様も天からご覧になっておりまして。

今日は一緒に聞いておられた先生から、
最後、おぅ~!という感嘆の声がもれてましたよ110.png




[PR]
by taketonbon | 2017-06-29 09:14 | ボランティア5・6年 | Comments(0)
まほうつかいのノナばあさん
トミー・デ・パオラ作 ゆあさふみえ訳
ほるぷ出版 本体価格1400円
時間=12分 絵本=5歳くらいから


名作でも、ちょうどピッタリはまる時と、
そうでない時があるのだなぁ・・・と
今日は実感しました。

3・4年生だと、鍋のスパゲッティが止まらない~と
惹き込まれるのですが、6年にもなると、
どこか冷めてしまってるようです。
ちょっと寂しさを感じますが、
これも成長の段階ですね。

めげずに読み続けますよ!
次回の選書を悩みます・・・。




[PR]
by taketonbon | 2017-06-22 11:05 | ボランティア5・6年 | Comments(0)